ソウル電車381号、41年前の姿で登場

ソウル電車381号、41年前の姿で登場

2009年09月15日18時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  1930年代から68年までソウル市内を走った電車381号が長い眠りから目覚めた。 ソウル歴史博物館は13日、博物館の野外展示場に展示されていた電車381号を原状に復元したと明らかにした。

  この電車は1930年ごろ、名古屋の日本車輌製造株式会社が製作したもので、全長13.7メートル・幅2.4メートル、定員100人。 光復(解放)後は米国製の部品を使用して車両の外部と内部を改造した。 電車内で見つかった表示板を見ると、乙支路(ウルチロ)を中心に運行したものと推定されると、博物館側は説明した。 68年にソウル市内で電車の運行が停止され、電車は廃棄処分されたが、381号は広津区(クァンジング)オリニ(子ども)大公園に展示された。

  しかし381号はオリニ大公園に展示された当時、赤いペイントが塗られたうえ、腐食が深刻で、本来の姿とはかけ離れていた。 ソウル歴史博物館が資料調査と考証作業を経て、車両の外部を本来の色(下部は緑、上部はアイボリー色)に塗り替えた。 内部は日本車輌製造株式会社から入手した図面と保存処理前の状態を基礎に過去の姿を取り戻した。

  ソウル歴史博物館のパク・ヒョンウク展示運営課長は「電車381号は原形をよく保っており、電車の構造や当代の世相を見るうえで貴重な資料になるだろう」と述べた。 韓国初の電車は1899年に高宗(コジョン)皇帝が明成皇后(ミョンソンファンフ)の陵(洪陵)へ移動するために製造したもので、西大門(ソデムン)から清涼里(チョンヤンリ)まで運行された。 電車381号のほか、ソウル科学館に展示中の363号2両が残っている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事