牛浦沼のトキ、突風に驚き死亡

牛浦沼のトキ、突風に驚き死亡

2009年07月16日10時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  慶南昌寧郡(キョンナム・チャンニョングン)の牛浦(ウポ)トキ復元センターは、トキ4羽のうち2羽が12日と14日に相次いで死亡したと15日発表した。トキは昨年10月17日、中国から持ちこんだ6歳のトキ洋洲・竜亭の夫婦が生んだ。トキは国内で1979年に絶滅されたとされ、これらトキは31年ぶりの“新生児”だった。

  死んだのは5月4日午後11時28分、国内で初めて孵化(ふか)したトキと6月23日午後8時27分に孵化した4羽目のトキだ。最初のトキは雨がたくさん降った14日午後10時52分ごろ、野外繁殖ゲージ(鳥かご)の中の止まり木に止まっていたが、雨と突風に驚いて飛び立とうとしたところ、ケージ内の網にぶつかり、床に落ちて脳震盪(のうしんとう)を起こして死んだ。最初のトキはトキの中でも最も元気で、最近はよく飛んでいた。同じケージの中にいた2羽目(5月12日孵化)と3羽目(5月14日孵化)は止まり木から離れず無事だった。復元センター総括責任者パク・ヒチョン(62、慶北大鳥類生態環境研究所)教授は「当日CCTVで監視していたが、一瞬にして起こった突然の強い風で、手を打つ暇もなかった」と話した。

  4羽目のトキは死ぬ2日前の10日から風邪の症状を見せ、食べ物も食べられず、嘔吐の症状を見せており、チンジュ動物病院で営養剤の注射など治療を受けていたが、脱水現象で死んだ。4羽目は生まれなから体力も弱い方だった。慶南道はトキの名前を公募、20日復元センターがある牛浦沼現地から取る命名式を行う予定だったが取り消した。

【ホットクリック】

・ ペ・ヨンジュンはどこへ? 
・ 韓国経済の潜在成長率、3%台に下落?
・ 金総書記一代記の記録映画制作へ
・ 名品韓牛作るために牛のように働く
・ 米国に韓国人名中学校設立
・ 俳優イ・ドクファ「カツラ広告のおかげで子ども2人を留学」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事