米政府機関が先にサイバー攻撃受ける

米政府機関が先にサイバー攻撃受ける

2009年07月09日08時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ‘7・7サイバーテロ’の3日前、米国政府機関のウェブサイトに対する攻撃が先に始まったことが明らかになった。

  AP通信は7日、匿名を求めた米政府官僚の話を引用し、「米国の独立記念日だった4日(現地時間)から広範囲なサイバー攻撃が続き、財務省・秘密検察局(シークレットサービス)・連邦取引委員会(FTC)・交通省のサイトなどがまひし、一部は7日まで問題を続いている」と伝えた。

  ‘7・7サイバーテロ’と同じDDoS(分散サービス妨害)攻撃だった。米国政府はサイバー攻撃に関する具体的な情報は公開しなかった。国土安全保障省のクード報道官は「国土安保省のコンピューター非常待機チームが各部署と協力機関にサイバー攻撃の事実を知らせ、対処方法を助言した」とのみ明らかにした。

  ‘7・7サイバーテロ’に関する言及はなかった。しかし韓国インターネット情報保安振興院は「両国のサイバーテロに関係があると考えられる」と明らかにした。

  AP通信によると、米政府サイトはサイバー攻撃を受けて次々とまひした。財務省サイトは4日、接続障害が発生し、6日まで続いた。FTCサイトは5日にダウンし、6日午後遅くに復旧したが、相変わらず不安定な状態だ。7日も7割近くはつながらなかった。交通省サイトは2日間にわたり完全にダウンした。

  サイトトラフィックモニター会社のキーノートシステムズは「今回の事態は非常に特異なケース」とし「政府サイトが24時間以上まひするのは深刻な問題だ」と指摘した。

  米政府サイトを対象にしたサイバーテロの集計は機関によって異なる。米会計監査院(GAO)は08年、政府ウェブサイトに対する攻撃が1万6000件を超えたと発表した。一方、国土安保部は同じ期間、米政府コンピューターに対する攻撃が5499件を記録した、と明らかにした。

【ホットクリック】

・ 世界があきらめた難工事、韓国が成し遂げた
・ 銃声のない国家間サイバー戦争、もはや小説の話でない
・ 口元ゆがみ、頭髪薄く…やつれ目立つ金総書記
・ 「信徒が嫌いだった」…聖堂前で無差別殺人
・ ペ・ヨンジュンの寄付金でスリランカに学校設立
・ 韓国人のゲノム地図、また解析に成功
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事