「黄長燁元労働党秘書の家族3人が脱北…第3国に滞留中」

「黄長燁元労働党秘書の家族3人が脱北…第3国に滞留中」

2009年06月23日15時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1997年に亡命した黄長燁(ファン・ジャンヨプ)元北朝鮮労働党秘書の家族3人が最近、北朝鮮を脱出し、第3国に滞留していると、CBSノーカットニュースが23日報じた。

  報道によると、ある対北朝鮮消息筋は「黄長燁元秘書の家族3人が1カ月前、北朝鮮を脱出し、現在第3国で安全に韓国行きを待っている」と伝えた。 しかしこの消息筋は保安のため、脱北した家族と黄元秘書の正確な関係と滞留場所には言及しなかった。

  家族は、黄元秘書が97年に脱北して韓国に亡命した後、平安南道徳川市(ピョンアンナムド・ドクチョンシ)に強制移住させられ、夫人は北朝鮮で死亡したと伝えられている。

  これに先立ち「開かれた北朝鮮通信」は最近、「6月10日ごろ元北朝鮮労働党国際秘書の黄長燁氏の親せき3人が居住地で行方不明になり、北朝鮮保衛当局が捜査に入った」と報じた。

  北朝鮮の内部消息筋は「保衛当局は3人が脱北するために逃げたとみて捜査を進めている」と話した。

【ホットクリック】

・ 肥満増加-韓国>日本 朝食取らない-韓国>日本
・ 日本、最新F-22ラプター購入に向けてロビー活動
・ 【ニュース分析】北朝鮮に怒ったオバマ大統領、なぜか
・ 現代自動車、米国でホンダを抑え新車品質評価トップに
・ 「裸透視メガネ販売」は前科14犯の詐欺
・ 世界で2例目の潜水艦攻撃ロケット魚雷…性能は世界一
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事