北紙「日の対北攻撃論に日本全領土打撃圏」

北紙「日の対北攻撃論に日本全領土打撃圏」

2009年05月29日11時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮労働機関紙、労働(ロドン)新聞が29日、北朝鮮の2度目の核実験以後、日本で提起している「適基地攻撃論」に対し「再侵略策動」だと非難し、再び侵略戦争を起こせば何倍もの報復をする万端の軍事的態勢を整えている」と主張したとYONHAPニュースが報道した。

  同紙は「葬送行進曲を呼ぶ無謀な適基地攻撃論」という見出しの論評で「日本の反動勢力はどんな方法ででも海外侵略戦争の火をくべようとしている。彼らは我々のミサイル発射基地に対する空襲をその火種にしようとしている」と主張した。

  また「我々の軍隊と人民は日本軍事勢力の再侵略策動を注視している」とし「我々の打撃力は非常に力強く、限界を知らない。我々は地上なら地上、海上なら海上、空中なら空中で日本軍事侵略者たちを無慈悲な報復打撃で全て掃討する」と豪言した。

  「日本は島国で領土は狭小で縦深が浅い。日本が再侵略戦争を挑発すれば、縦深が浅い日本の全領土が報復打撃圏から脱することはできないだろう」と強調した。

【ニュース特集】注目される北朝鮮の動き
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事