李承燁、アルフォンゾ2軍行きでも先発に入れず

李承燁、アルフォンゾ2軍行きでも先発に入れず

2009年05月03日09時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李承燁(イ・スンヨプ、33、巨人)がレギュラー争いで苦戦している。

  李承燁は2日、兵庫県の甲子園球場で行われた阪神との試合で先発から外れた。阪神が左腕投手能見篤史を先発に立てたためだ。この日、巨人の一塁手は、前日2軍に下がったアルフォンゾに代わって2軍にいた小田嶋正邦が1軍に昇格して出場した。

  李承燁は5-5で迎えた8回表2死走者なしの状況で6番の小田嶋に代わって打席に立ち、ショート前内野安打で出塁した。しかし次のバッター阿部が三振で退いため得点には結びつかなかった。李承燁はその後一塁を守ったが、打撃のチャンスはものできなかった。打率は2割3厘とやや上げた。巨人は6-5で勝っている。

  アルフォンゾが2軍に下がったが、李承燁に機会が与えられる様子はない。サンケイスポーツは2日付で「李承燁の打撃不振が続けば2軍行きの可能性がある」と報道した。この日から始まった阪神-横浜-中日との9連戦が李承燁にとって勝負どころとなる。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事