<野球>李承燁、途中交代の屈辱…読売は今季初勝利

<野球>李承燁、途中交代の屈辱…読売は今季初勝利

2009年04月08日08時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  李承燁(イ・スンヨプ、33、読売)が今季初めて途中交代でベンチに下がった。李承燁は7日の横浜戦に5番で先発出場したが、4回裏の守備で木村と交代した。

  李承燁は2回、無死二塁から横浜先発・寺原からワンバウンド性のボールで空振り三振を喫した。1-0とリードした4回一死二塁からの2打席目も同じボールで三振した。得点のチャンスで2度も三振に倒れたのだ。打率も1割6分7厘まで下がった。

  一方、読売は4番打者のラミレスが5打数3安打2打点と活躍し、今季初勝利(5-1)を記録した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事