新華社「北、ロシアの次世代主力T-95級戦車を開発中」

新華社「北、ロシアの次世代主力T-95級戦車を開発中」

2009年03月18日08時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国国営新華社通信は17日、北朝鮮がロシアの次世代主力戦車(T-95)に匹敵する最新型の電車を研究、開発中だとロシアの軍事雑誌の内容を引用し、報道した。

  同通信によると、この戦車は北朝鮮軍の主力戦車(T-72)の改良型で、主砲の性能と装甲能力を向上させたものとみられる。

  ロシア軍の「T-95」のタンクは、世界最強の防衛力と攻撃力を備えていると評価されている。無人砲塔のシステムを採用し、人命被害が集中する砲塔攻撃から防衛する能力が高く、現存する主砲のうち、最も口径が大きい(135ミリ)滑腔砲を搭載している。

  ロシアの軍事雑誌は、北朝鮮が開発中の新型戦車の性能など諸情報はベールに包まれていると伝えたが、専門家の見方として「この戦車はT-95並みの性能を備えている」と推定した。北朝鮮は旧ソ連時代に「T-72タンク」製造の許可を受け、91年から大量生産に乗り出した。

  通信によると、北朝鮮軍は中型タンク2700台と軽タンク600台を保有している。専門家は、韓国軍が進める戦車「KT2」の開発に対応するため、北朝鮮もT-72タンクの改良作業に乗り出したものとみている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事