12年前殺害された李韓永氏の夫人「夫は死を予感していた」

12年前殺害された李韓永氏の夫人「夫は死を予感していた」

2009年02月27日14時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「12年という歳月を自分はどうやって過ごしてきたのだろうか。 恐怖、悲しみ、孤独で過ごした時間を考えると悲痛そのものだ。あなたに会いたい」

  北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の妻の甥だった故・李韓永(イ・ハンヨン)氏が銃撃を受けて死亡してから12年目となった26日、李氏の夫人キム・ジョンウンさん(41)が夫に対する思いを語ったと、日刊スポーツ(IS)が27日報じた。

  李韓永氏は韓国に亡命したが、97年に殺害された。 夫人のキムさんは26日、京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)公園墓地で行われた12周忌の法要で「あなたの死を無駄にしないようにこの文を書いた。涙があふれ、胸が痛む。 この厳しい世の中を自分の力で暮らしてみると、あなたが経験した苦労を感じ、当時のことが何度も頭に浮かぶ」と詩で表現した。

  キムさんは「夫が自分の死を予言していた」と伝えた。 キムさんは「あなたの遺言の『私に何かあったら、あきらめずに戦って勝ってほしい』という言葉。 そして何度も死を予感していたあなたの気持ちがどういうものだったのかと考えると、胸が張り裂けそうになる」とし、涙を流した。 キムさんは李氏の死後の生活について「家族は数年間、苦痛を胸に抑え込んで暮らしてきた。誰一人として支援の手を差し伸べてくれない状況で現実は恐怖そのものだった」と語った。

  故李韓永氏の生母は成恵瑯(ソン・ヒェラン)氏。 成恵瑯氏は、02年にロシア・モスクワで持病で死亡した金正日国防委員長の先妻・成恵琳(ソン・ヘリム)氏の姉。 成恵瑯氏は成恵琳氏とモスクワで暮らし、96年に亡命、現在外国に暮らしているという。

  キムさんは姑の成恵瑯氏について「姑が今日来られなかったのが本当に悲しい」と語った。 12周忌の追悼礼拝を行ったハンセンミョン教会のキム・ジュンモ牧師は「李氏は特に冷麺が好きだった。 盆唐(プンダン)の玉流館(オンニュグァン)店で頻繁に会い、冷麺を食べる時になると『私は金正男(キム・ジョンナム)を好きだ。 北朝鮮の後継者は金正男だ』はよく話していた」と回顧した。 李氏の生母の成恵瑯氏は金正男の家庭教師だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事