<フィギュア>キム・ヨナ、弱点のトリプルループを断念

<フィギュア>キム・ヨナ、弱点のトリプルループを断念

2009年02月11日07時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  フィギュアクイーンのキム・ヨナ(19)が、弱点のトリプルループを断念することにした。来月の世界選手権と2010年バンクーバー冬季オリンピックでの金メダル、総合点200点突破など、より大きな目標のためだ。

  キム・ヨナのマネージメントを担当するIBスポーツのク・ドンフェ副社長は10日、「キム・ヨナが失敗率の高いトリプルループを放棄し、代わりにダブルアクセルをプログラムに入れることにした。フィギュア四大陸大会が終わった後にキム・ヨナと母親のパク・ミヒさん、IBスポーツが話し合いの末にこうした決定を下した」と明らかにした。

  キム・ヨナは唯一、トリプルループに弱点を見せた。12回にわたり出場したシニア大会でトリプルループに5回挑戦したキム・ヨナは2回しか成功しなかった。特に2007年のグランプリファイナルからは3大会連続でトリプルループジャンプで転倒している。ク副社長は、「トリプルループの基本点は5点だが、キム・ヨナは四大陸大会で回転数を満たせず転倒したことで0.5点だった。ダブルアクセルの基本点は3.5点だがキム・ヨナは常に1.5~2点の加算点を取っていることを考えると、トリプルループよりもダブルアクセルが有利だ」と説明している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事