青瓦台、新年四字熟語「扶危定傾」

青瓦台、新年四字熟語「扶危定傾」

2008年12月31日08時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)は30日、来年を象徴する四字熟語に「扶危定傾」を選定した。

  崩れる危機に置かれた国家を正しい道に導いて救いだすという意味だ。

  青瓦台側は「政府と国民が一つになって前代未聞の経済危機を克服し、国を堅固な磐石の上にのせたいという李明博(イ・ミョンバク)大統領の強い意志が込められている」と説明した。

  李東官(イ・トングァン)青瓦台スポークスマンは「新年、韓国が進むべき方向に相応しい言葉を決めるため、各界から推薦を受けた後、内部で協議した」とした後「現在韓国が迎えた危機をチャンスにすべきだという李大統領の考えに最も一致する四字熟語だ」と評した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事