韓国の大型殺人事件

韓国の大型殺人事件

2008年12月29日15時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   この数年間、韓国で最も人命被害が大きかった殺人事件は大邱(テグ)地下鉄放火事件だ。 02年2月18日、脳卒中の後遺症で身体障害があったキム・デハン(当時56歳、04年に服役中死亡)が大邱地下鉄1079号にガソリンを使って火をつけ、192人が死亡、151人が負傷した。 キム・デハンがこの大量殺人を意図していたかどうかは依然として疑問だ。 火をつけた地下鉄だけでなく、反対側の1080号で約140人が死亡するなど、地下鉄の安全システム問題で被害が大きくなったからだ。

  2番目の大型事件は1982年4月26日、慶尚南道宜寧(キョンサンナムド・ウィリョン)で発生したウ・ボムゴン巡査(当時26)の銃器乱射事件。 ウ巡査は酒に酔って同居中の女性とけんかをした後、予備軍武器庫から銃2丁、実弾129発、手投げ弾6個を持ち出し、8時間で宮柳面(クンユミョン)内の5つの村を回って住民56人を虐殺した。

  04年のリュ・ヨンチョル事件は被害者が3番目に多い。 しかし犯行の緻密さと計画的な連続殺人、残酷さで、典型的な連続殺人犯に挙げられる。

  1975年8-10月、キム・デォウ(当時25)は京畿道キョンギド)水原(スウォン)・平沢(ピョンテク)・楊州(ヤンジュ)一帯で田舎の家に住む家族17人殺害した。 「いかなることをしても金を儲けて楽に暮らす」というのが犯行の動機だったが、奪った金品はわずか3万ウォンだったという。

  未解決事件である京畿南部(華城)の連続婦女暴行・殺人事件の被害者は11人で歴代6番目。 植民地時代のカルト教団「白白教」事件(1937年)当時、教祖の指示で幹部によって信者314人が殺害された、という記録も伝えられている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事