【写真】100億ウォン投じた「連接バス」 4年で消える

【写真】100億ウォン投じた「連接バス」 4年で消える

2008年11月28日07時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  04年7月に1台当たり5億6000万ウォンの資金を投じ、‘ソウルの名物’という期待の中で輸入されたソウル市の「連接バス」が、わずか4年余りで姿を消すことになった。計20台が導入された「蓮接バス」は、運行直後から道路環境に合わないという指摘があったほか、事故や故障が頻発するなど問題点が多かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事