釜山国際映画祭、きょう開幕

釜山国際映画祭、きょう開幕

2008年10月02日11時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  第13回釜山国際映画祭(PIFF)が2日に華麗に幕を開ける。午後7時に釜山・海雲台(ヘウンデ)の水営湾(スヨンマン)ヨット競技場での開幕式を皮切りに、10日の閉幕まで9日間のイベントに突入する。

  今年は過去最大となる315作品が招かれ、世界初公開となるワールドプレミアも85作品に上る。

  すでに世界的な映画祭となっている釜山国際映画祭には、毎年内外からトップクラスのスターが出席する。今年も例外ではなく、100人余りのスターが開幕式でレッドカーペットに登場するものとみられる。

  このうち最も注目を集めているスターはチェ・ミンシクだ。『親切なクムジャさん』(2005年)以来3年間にわたり活動が途絶えていた。今回は自身が出演した映画『風がとどまるところ、ヒマラヤ』(チョン・スイル監督)が韓国映画パノラマ部門に公式に招請された。チェ・ミンシクは6日に映画関連のトークプログラムにチョン・スイル監督とともに出席する予定だ。

  ‘健康美人’キム・ヘスも釜山を訪れる。映画祭の常連である彼女は意外にも釜山映画祭は初めてだ。

  韓国系俳優のムーン・ブラッドグッドも初めて母国を訪問する。同じく韓国系ハリウッド俳優のアーロン・ユー、ジェームズ・キーソン・リーらとともに4日に開かれるアジア・太平洋俳優ネットワーク(APAN)のオープントークを通じて韓国の観客と出会う。

  このほか、韓国とニュージーランドの合作映画の主人公に抜てきされたハン・チェヨン、クロージング作品の『私は幸福です』の主人公ヒョンビンとイ・ボヨンをはじめ、アン・ソンギ、カン・スヨン、イ・ビョンホン、チョン・ウソン、シン・ヒョンジュン、キム・ジョンウン、パク・ヘイル、コン・ヒョジン、チョン・ジニョン、イェ・ジウォン、ユ・ジュンサンらトップスターらが総出動する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事