【噴水台】天国と地獄

【噴水台】天国と地獄

2008年09月09日15時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

 彼は自分の部屋にこの会社の全景の写真を掛けていた。 「歴史上これほど良い企業はなかった」。伝説的な投資家ピーター・リンチの言葉だ。 彼は自分の人生でファニーメイ株に出会ったことを最も誇りに思っていた。 投資の達人のウォーレン・バフェットもフレディマックへの愛情が格別だ。 「米国で最も安全で食べるところが多い企業」と推薦した。 この両社は韓国でいえば住宅金融公社と同じだ。 政府の大きな支援を背に、住宅担保債券(モーゲージ)で座りながら大儲けした。 2002年にはあふれる純利益を隠そうとして会計不正がばれたほどだ。 そのファニーメイとフレディマックがあっという間に醜いアヒルの子になった。米不動産市場が冷え込むと、不正の塊に変身した。

  米財務省は通貨危機に陥った外国に対しては露骨に押さえつける。 そうでありながらも自国の金融危機は手を出さないのが常だ。道徳的弛緩を問う米議会の鋭い追及を恐れているからだ。 それでついた別名が「ヤヌス」。 その米財務省が一昨日、ファニーメイとフレディマックに2000億ドルの公的資金を注ぎ込むことにした。 国有化の措置が始まったのだ。 「非常に規模が大きく、このまま破産すれば金融システムの崩壊を引き起こす恐れがある」。ポールソン財務長官は世界金融市場の混乱を意識した不可避な選択として説明した。

  しかし事実は違う。 もともと米財務省がこだわった戦略は現状維持だった。 こっそりと非常金を充てながら両社の正常化を待った。 こうした努力に中国が決定打を飛ばした。 中国銀行が両社の債券を売却し、手を引き始めたのだ。 8月に中国銀行が売却した債券だけでも4兆ウォンを超える。 このニュースが伝えられると、バフェットは「ゲームは終わった」と語った。 米財務省も海外資金の脱出を防ぐには他に方法がなかった。

  天国と地獄が入れ替わるのにかかった時間はわずか5年。 2003年、中国では新型肺炎SARSが広がり、海外金脈が枯渇した。 慌てた中国共産党は米財務省の顔色をうかがった末、改革カードを取り出した。憲法を改めて私有財産を保障した。 国有資産を売却し、勇敢に金融市場も開放した。 今は逆だ。 一人で世界金融を料理していた米国があわれな身分だ。 中国の恐るべき威力の前に周囲の視線をうかがっているところだ。 「今では派生金融商品こそが大量破壊兵器」というバフェットの言葉を実感する。 世界金融は断崖上の戦地と変わらない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事