<脱北女性スパイ>元正花の義父は労働党幹部

<脱北女性スパイ>元正花の義父は労働党幹部

2008年09月05日11時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  女性スパイ元正花義父“金正日の資金管理局の傘下最高位”

  



  女性スパイ元正花(ウォン・ジョンファ、34)の義父キム・ドンスン容疑者(63)が北朝鮮労働党39号室傘下であるテフン総局の高位幹部だと供述したことが確認された。39号室は金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の秘密資金を管理する部署だ。

  検察、警察、軍、国家情報院・合同捜査本部の関係者は4日「元正花が、義父キム・ドンスン容疑者はテフン総局の高位幹部だと述べたことから真偽を確認している」とし「キム・ドンスン容疑者はこれを否認しているが、彼の自宅からテフン総局の貿易関連の書類が見つかったため、彼とテフン総局の関係を多方面から確認している」と話した。捜査本部はこの日、キム・ドンスン容疑者をスパイ容疑で拘束起訴した。

  テフン総局は農水産物貿易を通じて外貨を稼ぐ場所だ。米国が対北朝鮮制裁の一環として口座凍結措置を行ったマカオのバンコ・デルタ・アジア(BDA)に大成(テソン)総局(39号室傘下貿易機関)とともに取引口座を開設していたことが分かった。

  合同捜査本部の入手情報によると、キム・ドンスン容疑者は、韓国に派遣される前の2006年4月、北朝鮮の丹東貿易代表部副代表に偽装した国家保衛部要員のキム・キョハク氏から「会長」と呼ばれ、豪華な接待も受けていた。捜査本部の関係者は「キム・ドンスン容疑者が39号室に関連した業務に携わってきた可能性が高いと考えられる」と話している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事