通貨当局の介入でウォン安阻止

通貨当局の介入でウォン安阻止

2008年08月27日18時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   ウォン安ドル高に歯止めがかかった。 海外機関のドル売りに加え、通貨当局も市場に介入したからだ。

  27日、韓国ウォンは対米ドルで前日比5.3ウォン値上がりした1ドル=1084.1ウォンで取引を終え、5日ぶりのウォン高ドル安となった。

  取引開始直後は1ドル=1092.5ウォンまでウォン安ドル高が進んだが、 その間のドル買いで利益を得た外国人投資家がドルを売り、1ドル=1080ウォン台まで値を戻した。 さらに通貨当局もドル売り介入し、ウォン高ドル安が加速した。

  崔鍾球(チェ・ジョング)企画財政部国際金融局長はこの日午前、「物価などを勘案すると、最近の急激なウォン安は懸念される。市場の状況を見守りながら、必要なら措置を取る考え」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事