【噴水台】ロンドン五輪

【噴水台】ロンドン五輪

2008年08月27日14時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

 1948年6月、大韓民国はまだ米軍政体制だったが、オリンピック(五輪)には出場できた。 イ・サンベク朝鮮体育会理事長が国際オリンピック委員会(IOC)ブランデージ副委員長を説得し続けたおかげだ。 ブランデージ副委員長の要請を受けたマッカーサー連合軍最高司令官がハッジ韓国駐屯軍司令官に協調を要請し、実現することになった。

  国内選抜大会を経て6種目に出場する67人の選手団を結成した。 国民の声援は大変なものだった。 五輪後援会は公債格の五輪選手後援券140万枚を発売し、参加経費を調達した。 制憲国会は選手に送る激励メッセージを採択した。

  選手団は出征日の21日朝、ソウル鍾路(チョンロ)2街のYMCA会館に集まり、団体服に着替えてソウル駅まで街頭行進をした。 南大門路に並んだ市民は「勝って来てくれ」と熱い声援を送った。 選手たちは一様に感激とともに身が震えるのを感じたという。

  選手団が釜山港を出発したのは6月22日だった。 旅券の代わりに紙にタイピングした身分証明書を持参した。 日本の福岡を経て横浜で旅客船に乗った選手団は7月2日に香港に到着した。 ヨーロッパ行き航空機は定員40人のプロペラ機で、選手団は1・2陣に分かれて出発しなければならなかった。航空機はバンコク(タイ)、カルカッタ(インド)、バグダッド(イラン)、カイロ(エジプト)、ローマ(イタリア)など各空港を経由してアムステルダム(オランダ)に着いた。 選手団がロンドンに到着したのは7月11日晩、ソウル駅を出発してから21日目だった。 初めて‘韓国’の国名と太極旗(テグッキ、韓国の国旗)を掲げて出場した夏季五輪、第14回ロンドン五輪の選手団の‘長途’だった。

  韓国がメダルを期待した種目はマラソンだったが、長い旅に疲れた選手らは20位圏外に終わった。 その代わり重量挙げのキム・ソンジプ選手とボクシングのハン・スアン選手が銅メダルを獲得する快挙を成し遂げた。韓国は銅メダル2個で、59カ国中24位を記録した。 アジア圏では金メダル1個を獲得したインドに次いで良い成績だった。

  あれから60年後に開かれた北京五輪が数日前に終わった。 毎日続くメダルのニュースに歓呼した国民は、いまや五輪禁断症状まで感じている。 4年後のロンドン五輪が今から期待される。 ロンドンは、国際競技のルールを知らず他国の選手の練習場面を横目で見、ボクシング競技の時間が変更したことを知らず夕食も取れずにリングに上がった初の選手団の追憶と悔恨が残るところだ。 今ではチャーター機に乗って10時間で行くことができる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事