国内滞留中の在外国民に住民投票権

国内滞留中の在外国民に住民投票権

2008年07月31日18時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   行政安全部は、国内で1カ月以上滞留する在外国民に住民投票権を認める「住民投票法改正案」を立法予告したと30日、明らかにした。 国内居住在外国民は今年4月現在5万9000人。

  来年から地方自治体が焼却場施設など地域問題に関する住民投票を行う際、投票権を与えるというものだ。

  また行政安全部は、すべての選挙の投票締め切り時間を午後8時までに延長することにした。 現在、公休日に指定される大統領・国会議員選挙など一般投票は午後6時まで、平日に行われる補欠選挙や教育監選挙は午後8時までとなっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事