猫が鳥インフルエンザ感染の疑い

猫が鳥インフルエンザ感染の疑い

2008年07月24日14時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   鳥インフルエンザ感染が疑われる猫が見つかり、検疫当局が精密調査を始めた。

  農林水産食品部は23日、「忠南(チュンナム)大獣医大が猫から高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出し、国立獣医科学検疫院に最終判定を依頼した」と明らかにした。

  検疫院は現在、精密検査中で、最終結果は2-3日後に出る。 この猫は今年4月、全羅北道益山市(チョンラブクド・イクサンシ)万頃江(マンギョンガン)の流域で死んだまま見つかった。

  農林水産食品部は06年以降、鳥インフルエンザが発生すれば、近隣地域のすべての豚と鶏・鴨肉を食べた犬・猫に対する鳥インフルエンザ検査を行っている。 しかしまだ国内でほ乳類の動物が鳥インフルエンザに感染した事例はなかった。

  キム・チャンソプ農林水産食品部動物防疫チーム長は「鳥インフルエンザウイルスは犬や猫の体内で増殖しないため、人に伝染する可能性は非常に小さい」とし「鳥インフルエンザが発生した農家の周辺でなければ、家で飼っている猫が鳥インフルエンザに感染する可能性はほとんどない」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事