ロボット太拳Vが国連難民機構の親善使節に(2)

ロボット太拳Vが国連難民機構の親善使節に(2)

2008年07月22日17時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   UNHCR韓国代表部の関係者は「最初からキャラクターを任命するという方針が決まっていたわけではない」とし「人物・キャラクターに関係なく、難民問題を最もよく知らせられる親善使節候補を物色してきた」と話した。

  この関係者は「弱者の側に立って弱者を保護するロボット太拳Vのイメージが、国際社会の弱者である難民を保護するUNHCRの任務と一致し、任命を最終決定した」と説明した。 また「世界的にUNHCRがアニメキャラクターを親善使節に任命するのは今回が初めてであり、韓国人UNHCR親善使節の第1号」と語った。

  UNHCRは国際難民問題を知らせるために親善使節および大使プログラムを運営している。米国ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーさん、イタリア出身ファッションデザイナーのジョルジオ・アルマーニさんが国際親善大使に任命され、世界を舞台に難民問題の解決のために活動している。

  70年代、金青基(キム・チョンギ)監督のアニメ映画として人気を集めたロボット太拳Vは、現在、ウォン・シンヨン監督によって実写映画化されている。 200億ウォン(約20億円)の制作費が投資されるこの映画は今年末の公開を目標にしている。

  UNHCRはスイス・ジュネーブに本部がある。 UNHCRによると、世界で約3290万人が政治弾圧や戦争のため第三国に逃れるなど安全が脅かされている。
ロボット太拳Vが国連難民機構の親善使節に(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事