【社説】殴っておいて冷静になれという「盗人猛々しい」日本

【社説】殴っておいて冷静になれという「盗人猛々しい」日本

2008年07月16日13時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  じっとしている人を殴っておいて冷静になれとはどういうことか。拳で殴らず気を使って手の平で殴ったと恩に着せるなどということがありえるか。独島領有権波紋にかかわる日本政府とマスコミのとんでもない行動を見守りながら、怒りを超えてむなしさを禁じえない。罪のない人の肩にぶつかっておいて、むしろにらみつけるような組織暴力団のような行動とでもいおうか。

  日本政府は中学校社会科用新しい学習指導要領解説書に独島(トクト、日本名竹島)は日本領土と事実上明記した。歴史的に、国際法的にも厳然たる韓国領土で、韓国が実効的に支配している独島を、ロシアが管轄している北方列島のように領有権紛争がある島で、将来、日本が返還されるべき所だと青少年たちに教えるというのだ。静かだった韓国民の感情に火をつけておいて私たちに冷静に対応をしろと促しているからあきれたものだ。

  未来指向的韓日新時代の開幕を先唱した福田康夫首相は「自国の歴史と領土に対する考え方は持たなければならないのが当然で必要なことだ」と述べ、信じられない衝撃を与えた。町村信孝官房長官は「一つひとつの案件をめぐり、日韓関係が大きく左右されることを避けなければならない」とし「韓国側に冷静な対応を望む」と言った。また独島は“日本固有の領土”という直接的表現を使わなかったことについて「日韓関係をできるだけ悪くしないという意図の表れだ」としてまるで善い行いをしたかのように恩に着せた。盗人猛々しいとはこのことだ。

  李明博政府の低い支持率を掲げて韓国政府の強硬対応を国内政治的考慮だと扱き下ろし、韓日首脳会談で交わされた事実とは異なる対話内容まで公開した一部の日本メディアの態度も卑劣なのは同じだ。独島領有権問題は韓国国民なら誰も絶対譲ることができない政権とは無関係な領土主権問題だという事実を、日本政府とメディアははっきり知っておくべきである。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事