一部ネチズン「もっと流血者を」…今日、大規模集会

一部ネチズン「もっと流血者を」…今日、大規模集会

2008年07月05日09時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   狂牛病国民対策会議が5日午後、ソウル市庁前広場で大規模な集会を主催する。

  対策会議は4日、「5日の集会には天主教・キリスト教・仏教・円仏教の4宗団と、統合民主党・民主労働党・創造韓国党・進歩新党の4政党が賛同する」と明らかにした。

  対策会議は「警察との衝突を防ぐために宗教界と市民団体代表、国会議員が行進の一番前に立ち、数千人の‘平和実践行動団’を構成し、暴力事態を防ぐ」と述べた。

  しかしデモ隊の内部で‘平和デモ懐疑論’も提起されている。 対策会議のホームページには「司祭団のため50日間積み上げてきた金字塔が崩れている。 対策会議が前面に出るべきだ」というコメントが載せられた。

  ダウムの‘アゴラ’には「負傷者や血を流す市民が多いほど(政府が)怖気づき、市民の要求に耳を傾ける」という書き込みもあった。

  警察はこの日、対策会議と韓国進歩連帯が集会の初期から不法行為を主導したことを確認した。

  韓国進歩連帯が5月中旬に発行した‘闘争指針’には「毎日ろうそく集会を開き、特に週末には総力を集中してほしい」など具体的な指針が書かれている、というのが警察の説明だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事