<サッカー>‘砂地獄’にはまった韓国…W杯最終予選

<サッカー>‘砂地獄’にはまった韓国…W杯最終予選

2008年06月28日09時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

7大会連続のワールドカップ(W杯)本戦進出に挑戦する韓国サッカーが最終予選舞台で巨大な暗礁にぶつかった。

  27日、マレーシア・クアラルンプールのアジアサッカー連盟(AFC)本部で行われた2010年南アフリカW杯アジア地域最終予選組み分け抽選の結果、イラン・サウジアラビア・北朝鮮・アラブ首長国連邦(UAE)と同じB組に入った。

  ‘地獄の組’と言っても過言ではない。 06ドイツW杯にアジア代表で出場した4カ国のうち日本を除いた3カ国が集まっている。 組分け抽選前に予測された最悪のシナリオが現実になったのだ。

  韓国の足かせとなってきた中東チームが3国もB組に入り、厳しい戦いが予想される。 最終予選の序盤に行われるサウジアラビア(11月19日)、イラン(来年2月11日)とのアウエー2戦は本戦進出に向けた分岐点になる見通しだ。

  警戒するのは中東国家だけではない。 北朝鮮との対戦も続く。 9月10日の最終予選初戦に対戦するのが北朝鮮だ。 許丁茂(ホ・ジョンム)監督率いる代表チームは今年、北朝鮮と行った3度の‘コリアンダービー’で一度も勝っていない(3戦3無)。

  試合場所をめぐって南北(韓国・北朝鮮)はまた神経戦を繰り広げなければならない。 最初の試合場所が北朝鮮のホームだが、3月に上海で行われた3次予選のように中国で開催される可能性も排除できない。

  一方、A組はオーストラリア・日本・バーレーン・ウズベキスタン、カタールで構成された。

  アジアに配分されたW杯本戦チケットは4.5枚。 来年6月17日までホームアンドアウエー方式で各チーム8試合を行い、各組2位までが本戦舞台に直行する。

   残り1枚は大洋洲予選1位とのプレーオフで決まる。 まずA・B組3位の両チームが09年10月にアジア地域5位決定戦を行い、プレーオフ進出チームを決める。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事