韓国新聞協会長「韓国、言論の自由大きく進んだ」

韓国新聞協会長「韓国、言論の自由大きく進んだ」

2008年06月02日12時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国新聞協会の張大煥(チャン・デファン)会長は先月31日、世界新聞協会(WAN)理事会で「昨年の大統領選以降、韓国の言論の自由の水準が大きく改善されつつある」と述べた。

  張会長は2日(現地時間)、スウェーデン・ヨーテボリで開幕式を行う第61回WAN総会に先立ち、各国のジャーナリストから韓国の言論状況に関する質問を受け、このように答弁した。

  張氏は「李明博(イ・ミョンバク)大統領は自身を“プレス・フレンドリー(Press friendly)”な人と話しており、前政権で閉鎖された記者室を開放するなど、マスコミ全般の状況がよくなっている」と説明した。

  WANは昨年6月、青瓦台(チョンワデ、大統領府)あてに公開書簡を送り、記者室の閉鎖と公務員接触制限措置に対し、抗議の意を伝えていた。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事