米同胞、安倍首相の訪米時に3大日刊紙全面広告掲載へ

米同胞、安倍首相の訪米時に3大日刊紙全面広告掲載へ

2007年03月30日11時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  従軍慰安婦決議案通過のためのワシントン地域汎同胞対策委員会(会長ソ・オクチャ)は29日、4月末に予定された安倍晋三日本首相の訪米に合わせてワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、LAタイムズなど米国の3大日刊紙に慰安婦問題に関する日本政府の反省と謝罪を促す全面広告を出す計画だと明らかにした。

  韓人会、米州韓人奉仕団など30団体で構成された対策委員会関係者たちはこの日、記者たちと会ってこのように明らかにし、民主党マイケル・ホンダ(カリフォルニア)下院議員らが提出した慰安婦決議案にこの日現在、71人の下院議員が共同発議者として署名したと述べた。

  ソ会長は「安倍首相訪米以後下院外交委表決に先立って共同発議議員が100人を超すよう続けてロビー活動をする」と話している。

  対策委は3大日刊紙全面広告に2万5千ドルの費用が必要となるものと推算し、同胞たちに募金活動(連絡先ホン・イルソン、703-625-6990)を呼びかけることにした。

  一方、この席に参加したキム・チャンジュン前連邦下院議員は最近民主党重鎭チャールズ・ラングル下院議員らに慰安婦決議案賛同を促す内容の書信を送った事実を公開した。キム前議員はこの書信で「20万人のアジア女性たちを性的奴隷にした日帝の残虐した犯罪行為は1930~40年代行われた最も無惨な堕落行為であり、被害女性たちは悪夢のような試練を経験した後、60年間、羞恥にさらされて生きている」とし「それでも日本は1度も公式謝罪をしない上、最近の安倍首相の妄言まで、歴史を否認する容認できない策略を見せている」と強調した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事