金浦~対馬を結ぶ50人乗り飛行機が年末にも就航

金浦~対馬を結ぶ50人乗り飛行機が年末にも就航

2011年06月21日10時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
小型航空会社が年末からの運航を目標に導入を推進している50人乗り航空機の内部。
  韓国でも年末ごろから50人乗り航空機の運航が本格化する。これにより全国の地方空港から日本の対馬や、鬱陵島(ウルルンド)・ペクリョン島・黒山島(フクサンド)のようなところに小型航空機で移動できることになる。米国や欧州では地方の小都市を結ぶ50人乗り航空機の運航が一般化されている。

  国土海洋部のイ・サンイル航空産業課長は20日、「小型航空会社が現在の基準よりも大きな航空機を運用できるよう10月までに航空法を改定する方針だ」と述べた。現行の航空法は小型航空運送事業者が運用できる航空機を19席以下に制限している。これを50席以下に上方修正すれば航空・レジャー産業の発展だけでなく、地方空港の活性化が可能になる。

  小型航空会社は歓迎している。現在19人乗り航空機をエアタクシーとして運営している小型航空会社には、コリアエクスプレスエアとイーストアジアエアライン、エース航空などがある。これらの企業は主に企業や団体客の依頼を受け、地方空港を不定期に運航する。業界関係者は、「19人乗り航空機はとても小さく事業を拡張するのに限界があった。50人乗り航空機を飛ばせれば大手航空会社が行かないすき間市場を攻略できる」と話した。

  国土海洋部によると、これら事業者は航空法が改定され次第、50人乗り航空機を導入して金浦(キンポ)~対馬、襄陽(ヤンヤン)~金海(キムヘ)の航空路線を運航する計画だ。また、地方空港から島しょ地方へ運航する50人乗り航空機も出現する見通しだ。大型航空機は3000メートル以上の滑走路が必要だが、50席以下の航空機は滑走路が1200メートルほどあれば離着陸できる。国土海洋部は鬱陵島と黒山島などで2015年までに小型航空機が発着できる滑走路建設を推進している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事