北朝鮮、ICBMの脅迫通じないと分かると核カード…正恩氏の新たなハリネズミ戦略(1)

北朝鮮、ICBMの脅迫通じないと分かると核カード…正恩氏の新たなハリネズミ戦略(1)

2017年09月04日10時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「平和がいくら貴重でも、絶対に物乞いはしない」。北朝鮮が6回目の核実験を強行してからおよそ2時間後の3日午後2時30分。北朝鮮の朝鮮中央テレビは「我々の銃槍の上に平和がある」という題名の音楽を放送した。続いて男性アナウンサーが登場して「15時(日本時間午後3時30分)から重大報道がある」と予告した。韓国統一部当局者は「北朝鮮は放送で流す歌を選曲する時も彼らなりのメッセージを含んでいる」と伝えた。そして3時30分、リ・チュニ・アナウンサーが登場する重大報道で「大陸間弾道ミサイル(ICBM)用の水素弾(水素爆弾)試験完全成功」を伝えた。

  この重大報道によると、この日午前、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会を緊急招集した。正恩氏をはじめ常務委員5人は国際政治情勢と韓半島(朝鮮半島)軍事的緊張状態を評価して核兵器研究所の報告を聞いた後、6回目核実験の問題を討議した。彼らは続いて「国家の核武力の完成において完結段階目標を達成するための一環として」核実験を決めた。そして正恩氏が命令書に「承認する。9月3日、午後12時(日本時間午後12時30分)に断行する」と書いた後、署名した。これは朝鮮中央テレビが報道した今回の核実験を決める過程の顛末だ。すでにこの日早くから核実験の兆しは見えていた。労働新聞は同日付で正恩氏が核兵器研究所でICBMに装着する水素爆弾を視察する場面を公開した。

  北朝鮮の主張通りなら、核兵器研究所の訪問→常務委員会を招集→核実験--の過程が一日という短い期間で迅速に行わわれたと言える。韓国政府当局は「北朝鮮がいつでも核実験を実施する状態を維持している」と評価してきた。だが、正恩氏の指示後、数時間で核実験を実施するのは技術的に容易ではないとの分析が出ている。情報当局OBは「核物質や計測装備などは湿気に非常に敏感で、実験直前に設置するのが一般的」としながら「しかし、これらの装備を移動して設置するためには数日を要する点を考慮すると、北朝鮮はいつでも核実験できるということを誇示するために数日前から核実験の準備していたようだ」と述べた。

北朝鮮、ICBMの脅迫通じないと分かると核カード…正恩氏の新たなハリネズミ戦略(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事