護衛司兵力だけで12万人…身辺不安の金正恩「3重ボディーガード」

護衛司兵力だけで12万人…身辺不安の金正恩「3重ボディーガード」

2016年10月25日09時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長(32)は執権翌年の2013年3月、西海(ソヘ、黄海)最前方の長在島(チャンジェド)島防御隊を訪問した。向かい側の延坪島(ヨンピョンド)とわずか9キロしか離れていないところだ。北朝鮮官営メディアは当時、「小さな木船に乗って兵士たちを訪れた」と金正恩委員長を称賛した後、関連映像を公開した。韓米情報当局が追跡した結果、金正恩委員長の一行は南浦(ナムポ)西海艦隊司令部から戦艦に乗って出発した。島の近くで木船に乗り換えてサプライズショーをしたということだ。

  情報関係者は「金正恩の動きは対北監視網でリアルタイムで確認されている」とし「当時、軍当局は偵察衛星が把握した金正恩の姿を公開することも検討した」と語った。「南朝鮮刈り」など好戦的な言動をする金正恩委員長の気勢をへし折る心理戦レベルだったという。米軍側の反対で実現はしなかったが、北朝鮮最高指導者の動静を韓米が注視していることを表す事例だ。

  最近、北朝鮮の核・ミサイル挑発に対抗した国際社会の対北朝鮮圧力が強まり、平壌(ピョンヤン)は緊張する雰囲気だ。ラッセル米国務次官補は「金正恩は核攻撃をすればすぐに死ぬ」という超強硬発言までした。北朝鮮は「ワシントンを核で打撃する」「グアム米軍基地を吹っ飛ばす」などと威嚇しながら対抗している。

  その一方でいわゆる「最高尊厳」と呼ぶ金正恩委員長の身辺警護には心配が多いようだ。労働党創建71周年だった10日、金日成(キム・イルソン)主席・金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体が安置された平壌「錦繍山太陽宮殿」参拝行事を省略したのもこうした脈絡だと分析される。主要記念日の午前0時にこの場所に現れることが慣例化しているだけに危険と判断したのだ。最近、韓半島にはB1-Bランサー戦略爆撃機と空母「ロナルド・レーガン」など北朝鮮が恐れる米戦略資産が総出動する緊張局面があった。統一部の当局者は「北は実際、韓米が金正恩除去作戦をするかもしれないという恐怖を抱いている」と話す。

  金正恩委員長が最近、身辺不安から外部行事の日程と場所を突然変更するケースが増えたという国家情報院の先週の国会情報委での報告も同じだ。爆発物や毒劇物探知装備を海外から導入するなど警護を大幅に強化する動きも把握されたという。金正恩委員長除去を意味する「斬首作戦」の具体的な内容や米戦略爆撃機の破壊力、特殊部隊規模の把握にも動いている。

  金正恩委員長の近接警護は韓国の大統領警護室に該当する護衛司令部が担当する。北朝鮮軍第963部隊と呼ばれる護衛司は重武装した兵力を含めて12万人にのぼるという。金正恩委員長の執務室と宿舎はもちろん、地方の特閣(専用別荘)を守っている。妹の金与正(キム・ヨジョン)と同母兄の金正哲(キム・ジョンチョル)をはじめとする家族と親戚の身辺もここが責任を負う。

  軍部隊を訪問する時は韓国の機務司令部格である軍保衛司令部が武器回収など警護を引き受ける。護衛司とは主導権をめぐる対立が時々あるという。情報機関の国家安全保衛省(旧保衛省)と警察に該当する人民保安省まで含め、3線体制の警護だ。専用ベンツリムジンと同じ車を数台並べて移動させたり、労働新聞に金正恩委員長の訪問日を公開しないのも、万が一の事態に備えるためだ。このため金正恩に危害を加えるというのは不可能に近いと、脱北者は口をそろえる。

  もちろん金日成・金正日時代に危害の試みがなかったわけではない。1990年代初期に発覚したソ連フルンゼ軍事大学出身の軍幹部のクーデターの動きや95年の咸鏡北道駐留第6軍団の反乱の試みは代表的な事例だ。最近、金正恩体制にも不安要素が少なからず表れているという分析もある。

  国家情報院は「国際社会の対北制裁とエリート層の忠誠心低下、住民の強まる不満などのため体制の不安定性が高まった」という立場だ。対北朝鮮情報関係者は「金正恩の最も大きな敵は徹底した警護網の内部に現れることも考えられる」と話す。民生に背を向けて核・ミサイル挑発に執着し、恐怖政治を繰り返す最高指導者に対する北朝鮮の核心エリート層の反感や動揺が尋常でないということだ。

  イ・ヨンジョン統一専門記者兼統一文化研究所長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事