韓国の外貨準備高が過去最高…5月は3990億ドル

韓国の外貨準備高が過去最高…5月は3990億ドル

2018年06月05日08時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の外貨準備高が過去最高を更新し、4000億ドルに迫った。

  韓国銀行(韓銀)が5日に発表した「2018年5月末の外貨準備高」を見ると、韓国の外貨準備高は先月末基準で3989億8000万ドルと、1カ月前に比べて5億6000万ドル増えた。外貨準備高は3月の3967億5000万ドル、4月の3984億2000万ドルに続いて3カ月連続で過去最高となった。

  韓銀は「外貨資産運用収益の増加が主な原因」と説明した。外貨準備高を具体的にみると、有価証券(国債、政府機関債、社債、資産流動化証券など)は38億ドル減少した3663億5000万ドルだった。一方、据置金は229億2000万ドルと、44億5000万ドル増えた。韓銀の関係者は「満期償還された有価証券資金のうち一部が別の投資先を探すために待機資金となり、据置金が増えた」と説明した。

  国際通貨基金(IMF)の特別引出権のSDRは33億4000万ドルと、6000万ドル減少した。IMFに対する交換性通貨引き出し権利のIMFポジションは3000万ドル減の15億8000万ドルで、金は47億9000万ドルと変動なかった。

  韓国の外貨準備高(以下は4月末基準)は世界9位。中国が3兆1249億ドルで1位、日本が1兆2560億ドルで2位、スイスが8129億ドルで3位だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事