「ドイツ少女像、日本の撤去圧迫にもその場を固く守っていく」

「ドイツ少女像、日本の撤去圧迫にもその場を固く守っていく」

2017年03月17日11時19分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
慰安婦被害者のアン・ジョムスンさんが8日、ドイツバイエルン州ウィーゼント「ネパール・ヒマヤラ・パビリオン公園」に設置された「平和の少女像」を撫でている。(写真=水原市)
  水原(スウォン)平和の少女像建立推進委員会は16日、水原オリンピック(五輪)公園内の平和の少女像の前で記者会見を開き、「日本の撤去圧迫にもかかわらず、ドイツ・ウィーゼントのある公園に建てられた欧州初の『平和の少女像」は固くその場を守っていくだろう」と明らかにした。

  これに先立ち、この市民団体は8日、ドイツ南部都市のウィーゼントにあるネパール・ヒマヤラ・パビリオン公園にドイツ推進委員会の関係者らと共に水原市民の寄付で作られた少女像を設置した。しかし、少女像設置後、駐ミュンヘン日本総領事が公園のヘリベルト・ビルト理事長に会って「2015韓日合意」を根拠に少女像の撤去を求めた。

  これに対して、水原平和の少女像建立推進委員会側は「ドイツの推進委からビルト理事長が自身の側近に女性平和と人権を象徴する少女像を撤去しないと話したと聞いた」とし「ビルト理事長は苦しい歴史を物語る少女像が公園に安らかに存在することを願う方だ。撤去をしないという立場を確認した」と伝えた。

  水原平和の少女像建立推進委員会は「今回、ドイツで平和の少女像が建てられて以来、日本政府は過去の間違った歴史を隠して糊塗するなど過去に対する反省を全くしていない」と指摘し、「韓国と水原市民、平和を愛する良心的な世界の人々と力を合わせて必ず少女像を守っていきたい」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事