大企業の採用市場も凍てつく…就業者数、金融危機後で最大幅の減少=韓国

大企業の採用市場も凍てつく…就業者数、金融危機後で最大幅の減少=韓国

2017年02月21日08時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  大企業の雇用の減り方が尋常でない。内需景気が極度に良くない上に政局不安まで重なっているため企業が投資を控えているからだ。統計庁が20日に明らかにしたところによると先月従業員300人以上の大企業の就業者数は241万6000人で昨年1月より4万6000人減った。金融危機の余波で雇用市場が冷え込んだ2010年9月の6万人減以降で最も減少幅が大きかった。

  10大企業グループのうち今年採用計画を確定したのは現代自動車グループとSKグループ、GSグループの3カ所だけだ。昨年1万4000人規模の公開採用を実施したサムスングループは「特検捜査が始まった昨年末から役員人事と組織改編作業が滞っており採用計画をまだ立てられていない」と話した。通常3月初めに出していた採用公告は多少先送りされる見通しだ。

  一部製造業は文字通り崖っぷちに追いやられている。苛酷な構造調整を進めている造船・海運業が代表的だ。統計庁によると先月の製造業就業者数は1年前より16万人減った。2009年7月以降で最も大きい減少幅だ。

  大韓商工会議所のキム・インソク雇用政策チーム長は「国際的保護主義の動きなどで不確実性が拡大しているため企業が採用に消極的。経済成長率が2%台と低いが雇用は大幅に増えないだろう」と話した。

  売り上げが停滞または減少しているため将来の収益源を探す努力はおろそかになるほかない。ある大企業関係者は「正直なところ売り上げは前年水準なのに雇用を増やせというなら既存社員を送り出す以外の方法があるか」と反問した。韓国経営者総協会のイ・グァンホ雇用政策チーム長は「採用市場規模を育てるには新事業が増えなくてはならないが、規制によりこれも容易ではない状況だ」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事