大韓航空「ナッツ姫」、結婚8年で離婚訴訟

大韓航空「ナッツ姫」、結婚8年で離婚訴訟

2018年04月30日09時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
趙顕娥元大韓航空副社長(写真=中央フォト)
  趙顕娥(チョ・ヒョンア)元大韓航空副社長が結婚8年で離婚訴訟に巻き込まれた。

  30日の法曹界によると趙元副社長の夫のAさんはこのほどソウル家庭裁判所に趙元副社長を相手に離婚と養育者の指定を求める訴訟を請求した。

  Aさんは通常の離婚手続きで行われる調停手順を踏まずすぐに訴訟を提起したといい、該当事件はソウル家庭裁判所家事合意4部に割り当てられた。

  趙元副社長は今月中旬ごろに訴訟と関連した案内書などの送達を受けたがまだ弁護人の選任など訴訟対応に向けた手続きは踏んでいないという。裁判期日もまだ決まっていない。

  趙元副社長は2010年10月に京畿(キョンギ)小学校の同窓生のAさんと結婚し、双子の子どもをもうけた。Aさんはソウル大学医学部を卒業した整形外科の専門医だ。彼の父は元ソウル医大教授で、韓国の顔面輪郭手術第1世代で最高の権威に挙げられる。

  趙元副社長は2014年にいわゆる「ナッツリターン事件」で経営の一線から退き、先月KALホテルネットワーク社長に復帰した。

  だが最近趙顕ミン(チョヒョンミン)前大韓航空専務の「水かけ問題」で趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が謝罪文を発表し、姉妹を役職から退かせる措置を取るとの立場を出しグループ経営から手を引くことになった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事