「THAAD余波」中国語「ハオ!」の消えた慶北…安東・河回村さえ中国人「ぱったり」

「THAAD余波」中国語「ハオ!」の消えた慶北…安東・河回村さえ中国人「ぱったり」

2017年03月17日11時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国政府がTHAAD体系配備と関連し、韓国にいわゆる「観光報復」を始めた中、16日の大邱国際空港国際線入国場周辺は閑散としている。同日午前、中国・上海浦東を出発して大邱に到着した韓国人乗客は「機内に中国人はあまりいなかった」と話した。
  「ハオ!ハオ!」慶尚北道安東市(キョンサンブクド・アンドンシ)の河回村(ハフェマウル)を訪れるとよく耳にした中国語だ。「良い」という意味だ。韓国独特の姿が生きている河回村は韓国を訪れた中国人観光客には必須のコースだった。ユネスコ世界文化遺産に指定された慶州(キョンジュ)歴史地区や良洞村(ヤンドンマウル)、仏国寺(プルグクサ)も人気の高い観光名所だ。過去1年間に慶尚北道を訪問した中国人は17万5000人余り。だが、今年これらの名所には中国人の訪問が突然途絶えた。中国政府が高高度ミサイル防御(THAAD)体系を配備した韓国に「観光報復」を加えたからだ。最近慶尚北道は中国安徽省に設置しようとしていた慶北広報事務所の設立計画を暫定中断した。来月、中国の山西省西安市で500人余りを集めて開く予定だった修学旅行広報説明会も中断した。中国側が説明会開催自体を拒否したためだ。

  このように自治団体の観光客誘致活動の中断、団体観光客はもちろん個人観光客までTHAADにより情勢を気にしているため大邱(テグ)慶尚旅行道で中国人をなかなか見難い。THAADが配備される慶尚北道星州郡(ソンジュグン)が同じ生活圏に含まれている点も中国人の足が遠のくのに一役買っている。星州郡は慶尚北道高霊郡(コリョングン)と隣接している。大邱・達西区城西(タルソグ・ソンソ)地域には車で30分余りで到着する。

  中国人を大勢集める大邱医療観光事業まで遮断された。大邱医療観光振興院のキム・デゴン医療観光マーケティングチーム長は「来月から120余人ずつ、1年間で8000人余りの中国人医療観光客を誘致することで中国業者と話し合いを終えた状態だったが、最近無期限延期になった」ともどかしさを伝えた。THAADの報復が続く場合、大邱医療観光で最も高い比重を占める中国人観光客をほとんど逃す可能性があると懸念される。2015年基準で大邱を訪れた外国人患者数は1万2988人。中国人が3864人(29.8%)で米国(4362人・35.7%)の次に多い。

  デパート、食堂、化粧品専門店など中国人観光客の消費が集中していた所も泣いている。大邱のある韓牛専門店で中国語通訳を担当するキム・クァンピルさん(29)は「すでに食堂に中国人の足が途切れたようだ」とし、「知人たちによれば大邱キム・グァンソク道、大邱の明洞(ミョンドン)である東城路(トンソンノ)にも中国人があまり見られないそうだ」と伝えた。

  代表的な韓流フード「チメク(チキン+メクチュ:ビール)」にもTHAADの火の粉が降りかかった。チメクを楽しむ中国人参加者なしで今年の大邱「チメク祭り」を開催しなければならなくなる。チメク祭りを支援する大邱市関係者は「7月19日からチメク祭りを開催する予定なのにTHAAD配備の余波で今のところ祭りに参加するという中国人参加者も、参加者を募集するという旅行会社もないと見て良い」と雰囲気を伝えた。毎年夏、大邱で開かれるチメク祭りは昨年リッパート駐韓米国大使(当時)をはじめとして7万人余りの外国人が訪れた。そのうち40%の2万8000人余りが中国人だった。中国人参加者のためのチメク列車(ソウル~大邱)を計画し、中国の10社余りの旅行会社関係者を招請して祭りを紹介するなど毎年祭りの前に中国に向けて精魂込めてきた。

  大邱市と慶尚北道は中国以外の国家に対する観光マーケティングを拡大し、中国人観光客減少に対応するという戦略だ。大邱市は法務部に東南アジアのノービザ入国許容を建議し、慶尚北道は日本・香港などの現地旅行会社と業務協約を締結してアグレッシブなマーケティングに出る方針だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事