歌手ヒョナの『Red』、米有力紙が選定したベストMVに

歌手ヒョナの『Red』、米有力紙が選定したベストMVに

2015年01月07日15時47分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手ヒョナの『Red』
  歌手ヒョナの『Red』のミュージックビデオが米国ローリングストーン誌が選ぶ「2014ベストミュージックビデオ10」で5位に入った。

  ヒョナは昨年7月発表したソロアルバムのタイトル曲『Red』で米大衆音楽マガジン「ローリングストーン」が最近選定した「10 Best Music Videos of 2014」で5位に選ばれ、2014年に発表された世界のミュージックビデオのうちアジアアーティストでは唯一名前を入れた。

  同メディアは『Red』の歌とミュージックビデオを共に紹介しながら「米国のクロスオーバーによく適合している」と評した点が目を引いた。『Red』は米国のテイラー・スウィフトの『Blank Space』、ビヨンセの『Pretty Hurts』とともに2014年のベストプロモーションビデオに選ばれて米国現地で脚光を浴びる「ヒョナ」ブランドの位置づけを確認させた。

  『Red』は公開直後から音源チャート1位はもちろん、国内外で大きな人気を集め、YouTube(ユーチューブ)におけるミュージックビデオの再生回数が昨年1年だけで2000万回を記録するなど、ユーチューブ・スターとしての面を強くアピールした。

  ヒョナに対する米国現地の好評は昨日今日のことではない。ヒョナはデビュー直後から独歩的なセクシーさとカリスマあふれるパフォーマンスなどで話題を集め、米国有数のメディアでベスト10大アイドルに選ばれたりもした。昨年3月、米国テキサスで開かれた「サウス・バイ・サウスウエスト (SXSW)」に韓国代表アーティストとして参加し、舞台の上で独歩的なパフォーマンスを見せて絶賛された。

  一方、ヒョナは『Red』で14日、中国北京で開かれる「2014ゴールデンディスク」授賞式で音源本賞にもノミネートされており、華やかな舞台を飾る予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事