東レ尖端素材「自動車計量化の夢のプラスチック生産…4年で売上5兆ウォン達成する」

東レ尖端素材「自動車計量化の夢のプラスチック生産…4年で売上5兆ウォン達成する」

2016年07月07日10時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李泳官会長が7日に全羅北道群山のセマングムコンベンションセンターで開かれた記者懇談会で「2020年までに売り上げ5兆ウォンを達成する」と明らかにした。(写真=東レ尖端素材)
  グローバル化学素材企業の東レ尖端素材が2020年までに連結基準で売り上げ5兆ウォン(約4404億円)、営業利益5000億ウォンを達成するというビジョンを明らかにした。東レ尖端素材の李泳官(イ・ヨングァン)会長(67)は6日、全羅北道群山(チョンラブクド・クンサン)のセマングムコンベンションセンターで懇談会を開き、こうした内容を骨子とした「ビジョン2020」を発表した。同社の昨年の売り上げは2兆798億ウォン、営業利益は1290億ウォンだったが、今後4年以内に売り上げは2倍以上、営業利益は4倍以上に拡大するという計画だ。

  李会長は「われわれのビジョンは韓国最大のエンジニアリングプラスチックメーカーに成長するということ。このために2020年まで1兆ウォン以上を追加で投資する計画だ」と強調した。投資財源の調達にも自信を見せた。李会長は「今年だけで2150億ウォンほどの営業利益が予想される。投資資金を調達するのにまったく無理はなく、独自資金だけで十分に投資ができるだけに、会社を上場する計画もない」と明らかにした。東レ尖端素材は日本の東レが株式の全量を持っている。

  売り上げを増やせる「武器」も確実に備えた。この日竣工式を行ったポリフェニレンサルファイド(PPS)群山工場が代表的だ。「スーパーエンジニアリングプラスチック」と呼ばれるPPS樹脂とコンパウンドは「自動車軽量化の核心素材」に挙げられるが、これまでは全量を輸入に依存してきた。工事開始から2年余りで竣工したこの工場は世界で初めてPPSの基礎原料である硫化水素ナトリウム、パラジクロロベンゼンだけでなく、中間財であるPPS樹脂、完成品であるコンパウンドまで生産できる一括生産体制を整えている。

  東レ尖端素材は現在樹脂8600トン、コンパウンド3300トン規模のこの工場の生産量を2018年までに樹脂基準で1万7200トン水準に育てる計画だ。親会社である東レの東海工場の年産1万9000トンと同規模だ。これまでの投資額と増設にかかる投資額を加え東レ尖端素材は総額3000億ウォンを群山工場に投資する。

  この工場は東レ尖端素材だけでなく東レにも大きな力になるものとみられる。この工場が本格的な生産を始めることで現在25%台である東レのPPS世界市場でのシェアは2020年ごろには35%ほどに拡大すると予想される。計画通りに工場増設が完了すれば東レグループはPPS分野で圧倒的なグローバル1位に上り詰めることになる。一方、この日の竣工式には周亨煥(チュ・ヒョンファン)産業通商資源部長官をはじめ、宋河珍(ソン・ハジン)全羅北道知事、鈴木秀生駐韓日本臨時代理大使、日覚昭広東レ社長ら200人余りが参加した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事