SK・現代、済州で「池」争い…建築の巨匠・安藤氏まで関与、なぜ?

SK・現代、済州で「池」争い…建築の巨匠・安藤氏まで関与、なぜ?

2013年12月03日11時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「世界的な建築家である日本の安藤忠雄氏(72)まで介入した国内屈指の一族と大企業の対立」。

  今、済州島(チェジュド)でこんなことが起きている。故・鄭夢禹(チョン・モンウ)現代アルミニウム会長の夫人であるイ・ヘンジャ氏(68)が顧問をつとめる本態(ボンテ)博物館〔西帰浦市安徳面(ソギポシ・アンドクミョン)〕とリゾート企業SKピンクス間の争いだ。SKピンクスが済州島にリゾートを建設する中で会社所有の土地に入ってきている本態博物館の池の一部を埋めようとしたところ、博物館側が「絶対不可」として反発しているというものだ。これについて博物館設計者の安藤氏は、池を埋めようとすることについて遺憾を表した手紙を本態博物館に送っている状況だ。

  発端は2011年初めにさかのぼる。SKピンクスの居住型リゾートであるビオトピアマンション団地のそばに本態博物館を建設しようとした時であった。博物館建設にマンション住民が反対した。観光客が来ると騒々しくなるという理由であった。これに対しSKピンクスは、本態博物館に土地の交換を提示した。互いに所有する敷地を交換後、新しい土地に博物館を作るようにとのことだった。

  だが問題があった。博物館はすでにマンション団地内に面積8200平方メートルの大きな池があることまで考慮した安藤氏の設計を受け取っていたが、新しい敷地には池がなかった。結局、SKピンクスは博物館に渡した土地ではない、自らの所有敷地に2000平方メートルの池を掘って問題を解決した。当時、SKピンクスと本態博物館は「池は相互の書面合意がない限り変更できない」という書面協約を結んだ。こうした過程を経て本態博物館は2011年12月に着工して2012年11月にオープンした。

  そうしたところSKが今年に入って新しい休養リゾート建設を推進しながら摩擦が生じることになった。最初に計画を本態博物館に提示した時、博物館側は「眺望の妨げになる」として反対したという。SKピンクス側は「博物館の眺望権を保護しようと建築物位置を変えたら、やむを得ず池の一部を埋めなければならない状況になった」と説明した。事情を知った安藤氏は先月中旬、本態博物館に手紙を送って「SKが池の大きさや形を直すという場合、それは私が計画した博物館の一部分に手をつけるようなものだと考える」という意見を明らかにした。本態博物館は、池の変更についての書面合意を根拠にしてSKピンクスを相手に済州地方裁判所に工事禁止の仮処分申請を出した状態だ。

  本態博物館は、イ・ヘンジャ氏が収集した伝統装身具や膳・ポジャギのような各種工芸品を展示している。設計者の安藤忠雄氏は1995年に建築界のノーベル賞と呼ばれる「プリツカー賞」を受賞した。済州普光フェニックスアイランド内の「GENIUS LOCI」という瞑想センターも設計した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事