【社説】レッドラインを踏んだ北ICBM発射、韓国政府はさらに強力な対応を

【社説】レッドラインを踏んだ北ICBM発射、韓国政府はさらに強力な対応を

2017年11月30日09時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮がついにレッドライン(red line)を踏んだ。北朝鮮は昨日未明、米国全域への打撃が可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した。北朝鮮の発表によると、「火星15」と命名されたこのミサイルは平壌(ピョンヤン)北東側の平城(ピョンソン)で発射され、最高高度4475キロで950キロを飛行し、東海(トンヘ、日本名・日本海)に落下した。韓米の専門家らはこのミサイルを正常角度で発射した場合の射程距離を1万3000キロと評価した。北朝鮮は自ら発表したように、米国はもちろん全世界を打撃できる「核武力」の完成段階と見ることができる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が述べたレッドラインに北朝鮮が到達したのだ。レッドラインは米国が軍事的に対応する基準ラインだ。トランプ米大統領の「我々がこうした状況を処理する」という発言がこれを後押ししている。北朝鮮を含めて今後の韓半島(朝鮮半島)の運命は一寸先も予想できなくなった。

  今回の「火星15」発射で、北朝鮮はすでに準備しておいた脚本通りに行動する可能性がさらに明確になった。北朝鮮はこの75日間、平和のために挑発しなかったのではなく、新しいICBMの発射準備に没頭していたのだ。もう北朝鮮は数カ月以内にミサイルに搭載する核弾頭の生産も終えるとみられる。その後、核弾頭を搭載した「火星15」で米本土を威嚇しながら、北朝鮮が以前から主張してきた米国との軍縮交渉を要求する可能性が高い。同時に韓国と日本を打撃圏に入れるノドンにも核弾頭を載せ、在韓および在日米軍基地を脅かすことも考えられる。

  これに対して米国がどう対応するかは分からない。米国は対北朝鮮封じ込め、北核・ミサイル除去のための予防的先制打撃、最後には北朝鮮と交渉も推進する可能性がある。可能性は低いが、米国が北朝鮮の脅威に勝てず在韓米軍の撤収につながる平和協定でも締結すれば、韓国はどうなるのだろうか。米議会調査局が最近作成した米国のオプションの中に韓半島を放棄する案も含まれていた点を勘案すると、最悪のシナリオも排除できない。したがって政府は適切に判断しなければいけない。

  しかし文在寅(ムン・ジェイン)政権が平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)にこだわって状況の深刻性を誤認するかもしれないという声も出ている。平昌五輪を意識して北朝鮮のミサイル発射情報を国民にあらかじめ知らせなかったという見方もある。一昨日、合同参謀本部は北朝鮮のミサイル発射兆候を問う記者の質問に「そのような情報はない」という形で否認した。ところが文大統領は同日午前の懸案点検会議で「北のミサイル発射兆候を国民に知らせるよう指示した」と青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者が昨日明らかにした。合同参謀本部と青瓦台のどちらがごまかしているのだろうか。しかも国防部は北朝鮮がミサイルを発射すると対応射撃訓練を実施した。北朝鮮の挑発兆候を把握していたため事前に準備したのだ。

  ICBMの「火星15」が「大陸を渡る弾道ミサイル」という文大統領の表現も適切でない。なぜICBMと言わないのか疑問だ。米国の対北朝鮮先制打撃検討を防がなければいけないという文大統領の言及も誤解を招きかねない。北朝鮮に対して最大限の圧力と制裁を話しながらも軍事オプションを除いてしまえば、北朝鮮が話に耳を傾けるだろうか。もう韓米同盟を基盤に北朝鮮によりいっそう強力な圧力を加えなければいけない。いかなる困難があっても自由民主主義の大韓民国を守るという覚悟が必要な時だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事