ドローンレース「大きさの戦争」…浮上する韓国のドローンレース

ドローンレース「大きさの戦争」…浮上する韓国のドローンレース

2017年09月29日17時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
1500級レースに参加するドローン。(写真=中央フォト)
  出入口が開かれると若者たちが電車から降りた。その中にはリュックサックにドローンを入れた人々も多かった。今月初め、国際航空連盟(FAI)が主催した「第1回国際ドローンカンファレンス・エキスポ」が開かれたスイス・ローザンヌ連邦工科大学前の電車駅の風景だ。

  行事ではドローンレース大会が同時に開かれた。子どもたちの手を握って会場を訪れた人々が目についた。1905年に創立したFAIは航空機・熱気球・落下傘・模型航空機・ハンググライダーなど航空に関連したスポーツを総括する国際機関だ。FAIもドローンの急成長に注目して「縁故権」の意味で今回の行事を開催した。

  レース競技場はローザンヌ工科大学ロレックス・ラーニング・センター 前の空地に設けられた。観衆保護用の網が張られ、旗門などレースコースがある。本部席の片方では出場選手がFPV(First Person View・1人称時点)ゴーグルをつけたまま無線操縦装置でドローンを操縦した。他方では待機選手が装備をテストし、競技を見守っていた。ドローンは鋭いモーターの音を出しながら空に飛び上がった。あまりにも早く飛んでいたところ、旗門を見逃したドローンが急旋回した。そこまで停止できないドローンは地に突っ込まれた。特に、青少年と子どもたちはドローンから目を離せなかった。速度は早いのが、気体があまりにも小さかった。今回の大会出場機種は250級(プロペラ軸間対角の長さ250ミリメートル)だ。現在、ほとんどがこの機種の大会だ。

  会場のそばではドローン(レース)関連企業などがブースを開いて広報に熱を上げた。やはり最も多くの人々が集まったところは世界1位おドローン製作会社であるDJIブースだった。新製品「マビックプロプラチナ(Mavic Pro Platinum)」の広報が真っ最中だった。会場の片隅の試演場では鋭いモーターの音が響いた。レース用ドローンにしてはかなり大きかった。オーストラリアの会社である「フリーダム」の500級(軸間長さ500ミリメートル)のドローンだった。確かに良く目についた。この会社のコミュニケーションディレクターであるクリス・バラード氏は「来年FAI世界選手権の時、500級デモ競技が開かれる予定」とし「視覚・聴覚的に250級より競争力があり、F1マシンのように気体にラッピング広告ができ、スポンサーシップの誘致にも有利だ」と誇った。

  ドローンレースは選手がFPVゴーグルをつけたまま、ドローンが送ったバーチャルリアリティ(VR)映像を見ながら無線操縦の装備で試合する。ドローンがなければエレクトロニック・スポーツをするわけだ。映像送受信装備会社の中で先導企業であるイマージョンRCはドローンなしでレースをシミュレーションするプログラムと装備を作った。ドローンの大きさを大きくしようとする「フリーダム」とは目指す方法が違う。実際にこの会社の創立者であるアンソニー・ケーキ氏はカンファレンスで「700グラムのドローンが10キログラムのドローンより安全だ」とし「ドローンレースをエレクトロニック・スポーツにみるべきだ」と主張した。すべての会社が標準化をしていないドローンレース市場で有利な方に標準化するためにFAIと各国の参加者を説得した。

  韓国はドローンレース分野で強者に挙げられる。実際に、キム・ミンチャン氏(KT)は世界最高級のレーサーだ。「フリーダム」のバラード・ディレクターは「韓国は政府レベルでドローンレースに関心を持っており、うらやましい」とし「韓国側と提携を希望する」と話した。昨年12月、平昌アルペンシアで国際ドローンレース大会を開いた江原道(カンウォンド)は来月27~29日、寧越郡(ヨンウォルグン)で第2回大会に関連カンファレンスを開く。FAI会長は「韓国はドローンレースが急速に成長しており、スポーツマインドを備えた国だ。韓国がこの分野でリードしてくれれば、FAIは喜んで協力する」とし「来年、平昌冬季五輪直後、ドローンレース大会を開くというが、五輪閉幕式の参観を兼ねて訪韓したいと思っている」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 1500級レースに参加するドローン。(写真=中央フォト)
  • スイス・ローザンヌ連合工科大学に設置されたドローンレース競技場。(写真=中央フォト)