ハッキングで現代キャピタルから42万人の情報流出

ハッキングで現代キャピタルから42万人の情報流出

2011年04月09日10時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代(ヒョンデ)キャピタル電算システムがハッキングされ、42万人の顧客情報が流出した。

  現代キャピタルは8日午後6時30分、報道資料を出し、「身元未詳のハッカーに一部の顧客情報がハッキングされたことが調査で分かった」と明らかにした。

  流出した情報には顧客42万人の名前・住民番号・電話番号などが含まれている。現代キャピタルの顧客は約180万人で、顧客4人に1人の割合で情報が流出したのだ。金融会社のコンピューターネットワークがハッキングされるのは極めて異例だ。金融網は金融監督院が定めた二重三重のセキュリティーシステムを備えているからだ。特に市場シェア50%を超える業界トップ企業がハッキングされたという点で衝撃が大きい。

  金融監督院の関係者は「理由に関係なく、顧客情報が生命である金融会社であってはならないこと」とし「特別検査に着手する」と明らかにした。

  現代キャピタルは「現在のところ金融事故が発生する可能性は低いが、顧客被害を最小限にとどめるよう努力する」と述べた。会社側はホームページを通して万一の事態に備えて暗証番号などを変更するよう顧客に要請した。

  このハッカーは2月頃から現代キャピタルの顧客情報をハッキングしていたと推定される。しかし現代キャピタルは7日午前、「ハッカーが職員45人に送った電子メールを見てからハッキングされたことを知った」と主張した。

  ハッカーは電子メールで情報を流出しない見返りに金銭を要求した。現代キャピタルは8日午後6時ごろ、ハッカーが「顧客情報を午後7時インターネットに公開する」と脅迫した後、顧客とメディアにハッキングを受けた事実を知らせた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事