少女時代のスヨン「日本語演技、12歳の時からの日本活動で問題なかった」

少女時代のスヨン「日本語演技、12歳の時からの日本活動で問題なかった」

2019年04月03日15時00分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ラジオ番組に出演した少女時代のスヨン
  少女時代のスヨンが映画作品の日本語台詞について打ち明けた。

  3日午前放送されたSBSパワーFMラジオ番組『パク・ソニョンのシネタウン』では映画『デッドエンドの思い出』のヒロイン、スヨンがゲストとして出演した。

  映画『デッドエンドの思い出』でスヨンは日本語台詞を自然に駆使している。これについてDJのパク・ソニョンは「言葉の問題で大変な点はなかったのか」と質問し、スヨンは「12歳の時、日本で先にデビューした。あまりにも幼い時に習った言語だからか、時間が過ぎても憶えられるセカンドランゲージになったようだ。そのため、疎通には問題がなかった」と明らかにして目を引いた。

  スヨンは劇中で婚約者のテギュ(アン・ボヒョン扮)に会いに名古屋に行った韓国人旅行客のユミ役を演じた。ユミは偶然に立ち寄ったカフェのエンドポイントで店長の西山(田中俊介扮)に出会う。スヨンは俳優の田中俊介との共演に高い満足感を示したりもした。

  一方、スヨンが出演した映画『デッドエンドの思い出』は若いごろ、誰もが一度ぐらいは経験したことのある人生の追い詰められた道でもう一つの出会いに遭遇する話を描いた作品で、少女時代のスヨンと田中俊介が主役を演じた。世界的に有名な日本のベストセラー作家である吉本ばなな原作の映画で、期待感を集めている。4日韓国公開予定。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事