<フィギュア>韓国スケート連盟、平昌五輪に備え外国人選手2人の特別帰化を申請

<フィギュア>韓国スケート連盟、平昌五輪に備え外国人選手2人の特別帰化を申請

2016年08月30日08時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  大韓氷上連盟が2018平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)に備えて外国人フィギュア選手2人の特別帰化を申請した。

  氷上連盟は「アイスダンスのアレクサンダー・ゲムリン(23、米国)とペアのテミストクレス・レフテリス(33、米国)に対する特別帰化を大韓体育会に要請した」と29日、明らかにした。ゲムリンは2015年から在米同胞のミン・ユラ(21)とペアを組んでいる。ことし2月の四大陸フィギュアスケート選手権では138.42点で韓国組で最高の8位に入った。レフテリスも昨年からチ・ミンジ〔17、昌文(チャンムン)女子高〕とペアを組んでいる。1999年全米選手権で準優勝を占めた在米同胞のナム・ナリがコーチを引き受けて話題を呼んだ。

  ペアスケーティングとアイスダンスではペアのうち一人の国籍を選んで大会に出場することができる。それでも二選手が帰化を選択したのはオリンピックの舞台に立つためだ。韓国国籍を取得した場合、開催国に与えられる「追加定員」制度を使ってオリンピックの舞台を踏む可能性がある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事