【コラム】チャーチルはヒトラーの本質を見落とさなかったが、文大統領は…

【コラム】チャーチルはヒトラーの本質を見落とさなかったが、文大統領は…

2018年02月23日16時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  12日午後、江陵(カンヌン)関東ホッケーセンター。女子アイスホッケー南北合同チームとスウェーデンの試合の休憩時間、約6000人の観客の間で歓声と拍手があった。観客席の外国人カップルがプロポーズをする姿が電光掲示板で紹介されたのだ。観客席の熱気とは異なり「ストップ」モードとなった人たちがいた。赤いトレーニング服姿で一糸乱れず応援していた北朝鮮応援団だ。知人が硬直した彼女たちの写真を添付して現場から送ってきたメッセージは「事前入力されたプログラムがないためのようだ。悲しい」だった。北朝鮮応援団の姿から私たちが感じたのは3代世襲閉鎖独裁60年を通じて形成された異質感、悲哀だ。

  大規模な応援団と血縁の金与正(キム・ヨジョン)氏の平昌(ピョンチャン)派遣を通じて「核を保有した誠実な隣国に見せようと」(クリストファー・ヒル元米次官補)微笑み攻勢をかけた金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が、閉会式に韓国哨戒艦「天安」爆沈の主犯、金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長まで送ると言った。韓国の安保戦線まで揺さぶる総攻勢だ。北朝鮮が2017年末まで核・ミサイル開発を完了し、本格的に平和攻勢をかけてくると話していた専門家らの予想は的中した。昨年ミサイル挑発が続いた時も対話の扉を開いておき、予想された時期に金正恩委員長の「新年の辞」で前向きな言葉を受けた文在寅(ムン・ジェイン)政権は、金与正氏ら北朝鮮代表団を歓待した。北朝鮮の立場に合わせて核には言及せずにだ。

  ワシントンで北朝鮮の実体、本質に対する談論が拡大している。北朝鮮の暴圧体制、北朝鮮の核・ミサイルプログラム開発の究極的目的に関してだ。傍点は北朝鮮の「韓半島(朝鮮半島)再統一」の動きに打たれている。金与正氏が南北首脳会談カードを投じた後、米国首脳部の言及はさらに増えた。「彼の祖父、父が失敗した共産体制下の再統一を追求している」(ハリス太平洋軍司令官)、「韓米同盟を終わらせて韓半島を支配しようとする長期戦略的な手段」(コーツ国家情報局長)、「自身の権力下で韓半島を統一する」(ポンペオ中央情報局長官)などだ。

  彼らはなぜこういう話をするのだろうか。金聖翰(キム・ソンハン)高麗大国際大学院長は「韓国の与党と政府に送るメッセージ」と解釈している。韓国政府は対外的には「北の非核化が目標」と述べているが、核凍結で北朝鮮の核保有を事実上認めようとするのではないか、対外政策の戦略的中心軸を南北関係に置いて北朝鮮の核保有の時間を与えるのではないかという警戒の声ということだ。文在寅大統領は昨年9月の北朝鮮の6回目の核実験後、CNNのインタビューで「北の核開発は米国から体制の保証を受けるためのものであり、核保有国の地位を認められて対米関係を正常化しようというものかもしれない」と述べた。李鍾ソク(イ・ジョンソク)元統一部長官、文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特補など大統領の周辺の人たちの認識でもある。青瓦台の対北朝鮮政策は「北の核とミサイルは韓国を狙ったものではなく、我々がうまくすれば北も変わる」という善意を前提にしている。

  映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は第2次世界大戦初期に戦時内閣の首相として英国を対ナチス抗戦に導いたウィンストン・チャーチルの話を扱っている。チャーチルは内閣を担った後にも、ヒトラーと「ミュンヘン協定」を締結すれば平和が訪れると主張した人たちからの攻撃を受けた。その政敵たちが認めたことがある。ヒトラーが1936年のベルリン五輪で世界の平和を語り、ドイツの再建指導者に偽装した時、チャーチルは「本質を正しく見た」という点だ。今日の自由民主主義世界はチャーチルがヒトラーの実体を直視したおかげだといっても過言でない。

  文在寅政権は先日まで無数の挑発で韓国国民の命を奪った主犯の訪韓を南北関係改善の意志として歓迎した。今の雰囲気なら謝罪の一言も要求しないようだ。国民の命を守る国家指導者の本質から外れることだ。もし核を保有した北朝鮮が西海(ソヘ、黄海)5島を占領すれば、私たちはどうするのか。北朝鮮応援団と金与正氏が見せた微笑み、金英哲副委員長が持ってくるメッセージに目と耳を奪われてはいけない。核保有進入国の北朝鮮の実体を見落とせば私たちの後の世代の未来は暗黒だ。

  キム・スジョン/政治国際担当
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事