【コラム】朴槿恵の後ろ姿(2)

【コラム】朴槿恵の後ろ姿(2)

2017年03月17日10時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朴前大統領には癒やしの資産がある。彼女は2013年に中国を訪問した際、習近平主席の母校である清華大学で講演を行った。その場で韓国の大統領は大学側から貴重な贈り物を受け取った。中国清華大の大学院長を務め、書家としても有名な哲学者の馮友蘭が89歳だった1984年に書いた唐の詩人・王昌齢(798~756)の「芙蓉楼送辛漸」という詩の掛け軸だ。朴前大統領が馮友蘭の『中国哲学史』をメモまでしながら読みふけったことを知った馮友蘭の孫娘が大事に保管していた掛け軸を贈ったのだ。

  詩の転句(第3句)と結句(第4句)が朴前大統領の疲れた心を癒やすに違いない。「落陽の友が私について尋ねたら(洛陽親友如相門)/玉壷の中の一欠片の氷のように清らかな心で生きていると伝えてほしい(一片氷心在玉壷)」。朴前大統領がこの掛け軸を青瓦台に置いてきたのか、それとも家に持って帰ってきたのかは知る術がない。だが、彼女が馮友蘭の『中国哲学史』をそれほどまでに熱読したのであれば、馮友蘭が書いた王昌齢の詩を忘れるはずがない。

  朴前大統領は、最近流行りの「心を無にすること」に時々いそしみながら、そして好きだったが機会がなかったピアノでも弾きながら、玉壷の中の一欠片の氷のような私心のない冷静で清らかな境地に達するように努力しなければならない。彼女は家の前の狭い路地でわめいている支持者を利用してはならず、彼らに利用されることにも警戒しなければならない。支持者の中には自分たちの存在感をアピールしたり、公職出馬のための保守層の人気を独占しようとしたりする人々がいることを知っておかなくてはならない。

  離れる人の後ろ姿は美しくあるべきだ。検察捜査と裁判は法の道を行く。だが、法的判断は癒やしではない。法の窮極にあるのは人だ。朴前大統領が国民との和解を急ぐよう期待したい。

  前職大統領は自然人でも公益に奉仕するノブレス・オブリージュがある。

  金永熙(キム・ヨンヒ)/コラムニスト・論説委員

【コラム】朴槿恵の後ろ姿(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事