韓経:中国電気自動車バッテリー、世界市場を掌握

韓経:中国電気自動車バッテリー、世界市場を掌握

2016年12月27日10時24分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国の電気自動車バッテリー企業CATLが中国電気自動車市場の急成長と政府の政策支援を背に、日本のパナソニックや韓国のLG化学のライバルに急成長していると、海外メディアが26日報じた。これによると、CATLは今年10月、有償増資を通じて会社設立後2番目に大きい規模の資金を調達した。この過程で会社の価値は800億元(約1兆3450億円)と評価された。直前の有償増資と比較すると4倍に増えた。

  CATLは中国小型家電バッテリー企業ATLの関係会社で、2011年に中国南部の福建省寧徳市に設立された。ATLはサムスン電子の「ギャラクシーノート7」発火事件が発生した後、サムスンSDIの代わりにサムスン電子にバッテリーを納品することになり、注目された。CATLは中国電気自動車バッテリー企業のうち自動車まで製造するBYDを除いて技術力と生産能力の面で最も優れているという評価を受けている。昨年のバッテリー出荷量は2.43GWhと、世界市場でパナソニック(5.5GWh)、BYD(3GWh)に次ぐ3位だった。

  リチウムイオン電池生産能力はこの1年間に3倍に急成長した。中国政府の電気自動車育成政策で中国内の電気自動車販売量が急増し、生産能力を拡大したのだ。CATLは2020年までに年間リチウムイオン電池生産能力を現在の6倍の50GWhに増やす計画という。売上高も現在の10倍の1000億元に増やすのが目標だ。

  中国政府もCATLをパナソニック、LG化学に匹敵するグローバル企業に育成するために支援している。中国工業情報化省が先月、新しい電気自動車バッテリー模範規準認証条件を定める際、生産能力基準値を従来の40倍(8GWh以上)に大幅拡大したのもCATLのためだという見方が出ている。現在、中国でこの条件を満たす企業はCATLとBYDの2社しかない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事