『Love Letter』『君の名は。』など韓国でヒットした日本映画の翻訳家は誰?(2)

『Love Letter』『君の名は。』など韓国でヒットした日本映画の翻訳家は誰?(2)

2017年03月17日10時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  カンさんは「翻訳作業をしながらセウォル号事件が思い出したが、後で新海誠監督が『セウォル号事件に衝撃を受けて“じっとしろ”という台詞を入れた」と話した時、びっくりした」と話した。

  「日本の観客が笑う場面で韓国観客が笑わないなら、よくできた翻訳と言えない。作品の価値を傷つけたくないので流行語は使わない。新派調で訳してほしいという映画会社の要求も絶対に受け入れない」。カンさんの翻訳哲学だ。

  梨花(イファ)女子大学新聞放送学科の在学時代に日本語を勉強したカンさんは、1997年交換留学をしていた日本で韓国映画週刊誌の通信員として活動しながら映画の魅力に目覚めた。その後、釜山(プサン)国際映画祭の通訳などの仕事から翻訳専門家としての道に入った。

  彼は「字幕翻訳も文章を書くことなので、作家の夢が結局叶ったといえる」とし、「翻訳を17年間してきたが、今でも事前に用例を探しながら作業する」と話した。

  カンさんは『Love Letter』の余韻は今まで残っているといった。名台詞の「お元気ですか」を多義的な意味の「いかがお過ごしですか」と訳し、その後岩井俊二監督は「私の言語を最もよく分かる翻訳家」とし、小説の翻訳まで任せるほど全面的な信頼を寄せている。

  彼は自身が手掛けた映画のうち『菊次郎の夏』(北野武監督)に大きな愛情を持っていると話した。「ママを探しに旅立つ子供の目を通して人間の孤独さと勇気、成長を表現した」というのが理由だ。

  人気恐竜アニメーション『おまえ うまそうだな』3編のプロデューサーとしても参加しているカンさんは今年夏に公開される映画『軍艦島』(原題)の日本語台詞作業にも参加するなど忙しい日々を過ごしている。カンさんは「いくら翻訳プログラムや人工知能が発達するといっても、文学創作物の言語文化的な違いまで考えて訳するのは人間ならではの領域」と話した。

『Love Letter』『君の名は。』など韓国でヒットした日本映画の翻訳家は誰?(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事