「喫煙後のストレス解消感は錯覚」

「喫煙後のストレス解消感は錯覚」

2007年10月15日17時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  タバコを吸えばストレスが解消されると感じるのは錯覚だ、という研究結果が発表された。韓国食品研究院とバイオベンチャー企業「ナチュラルF&P」の研究陣が20~50代の男性喫煙者49人を対象に調べたところ、喫煙がむしろ身体のストレスを高めていることが分かった。

  15日に発表された調査結果によると、タバコ10本を吸った後、実験対象者の身体ストレス指数は平均96.9から106.0に高まり、疲労度は107.2から115.8に上昇した。ストレスに耐える能力も93.4から87.0に落ちた。平均心拍動数は、喫煙前76.2から喫煙後81.7へと高まり、正常な範囲(70~80)を抜け出しており、自律神経は59.7で、不均衡の状態に変わったとのこと(均衡レベルは0~50)。

  喫煙者が「タバコを吸えばストレスが解消したように」感じるのは、ニコチン中毒によるものという。喫煙から約2時間後には血中ニコチンが半分ほどに減り不安感が生じるが、その時ニコチンを再び供給すれば不安感が減り、それによってストレスが解消したと感じるとのこと。食品研究院の韓大錫(ハン・デソク)博士は「喫煙者はニコチン中毒現象の支配を受けているだけ」とし「喫煙がストレスの解消策だという認識は錯覚にすぎない」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事