女優ソ・ウンス、JYJのキム・ジェジュンとドラマ『ミスマム・ジェイン』の主演に

女優ソ・ウンス、JYJのキム・ジェジュンとドラマ『ミスマム・ジェイン』の主演に

2019年08月27日11時24分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優ソ・ウンス
  女優ソ・ウンスがドラマ『ミスマム・ジェイン』のヒロインになる。

  あるドラマ局関係者は27日、韓国ニッカンスポーツに「ソ・ウンスがチャネンルAのドラマ『ミスマム・ジェイン』(原題)でキム・ジェジュンと共演する」と伝えた。

  ソ・ウンスは劇中で韓国大学国語教育科卒業予備生のイ・スジョンを演じる。婚前純潔主義者で、母が18歳にできちゃった婚で出産し、母に裏切られた祖母に育てられて幼い時代から純潔早期教育を受けた人物だ。共演するキム・ジェジュンは劇中でマベラホテルの相続者であり社長のハン・ジフン役に変身、ハンサムで性格はいわば「悪い男」で既婚だが、まもなくシングルになる予定だ。また、胃がんを勝ち抜いたキャラクター。

  『ミスマム・ジェイン』は祖母の言う通りに結婚前に純潔を命のように守ってきた主人公が定期検診を受けていたところ、医師のミスで妊娠をすることになることで起きるコメディドラマ。2002年ベネズエラのテレノベラ『フアナラビルヘン』を原作にして2014年から米CWTVで5シーズンにわたって放送されたシリーズ『ジェーン・ザ・ヴァージン』で、韓国でもネットフリックスを通じて公開されて多く知らされた作品だ。

  グループエイトの製作であり、チャン・アミ作家が執筆する。編成はチャンネルAで、12月放送予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事