「チョ・ジェヒョン性暴行」主張した在日同胞女優恐喝容疑、起訴中止

「チョ・ジェヒョン性暴行」主張した在日同胞女優恐喝容疑、起訴中止

2018年12月11日07時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国俳優チョ・ジェヒョン
  16年前、韓国俳優チョ・ジェヒョンさんから性暴行を受けたと主張していた在日同胞女優Aさんに対する恐喝控訴の件が起訴中止になった。検察はAさんに対する逮捕令状を発行した状態だ。

  10日、チョ・ジェヒョンさんの法律代理人(以下、代理人)は芸能メディア「TV Daily」とのインタビューを通じて「在日同胞女優Aさんの性暴行暴露に対する恐喝告訴の件は、現在、起訴が中止されている状態」と明らかにした。

  これに先立ち今年3月、AさんはMBC(文化放送)の時事番組『PD手帳』を通じて2002年にある放送局のトイレでチョ・ジェヒョンさんから性暴行を受けたと主張した。これに対してチョ・ジェヒョンさんは「合意の上での関係だった」と明らかにして虚偽事実だと反論した。また「Aさん側がこれを口実に合意金を要求した」としながらAさんを恐喝未遂容疑で告訴した。

  Aさんはチョ・ジェヒョンさんに対して誣告罪(虚偽告訴罪)と名誉毀損で告訴するとした。だが、この日代理人によると、その後Aさんはチョ・ジェヒョンさんを告訴しなかった。また、恐喝未遂容疑に対して調査を受けなければならないが、韓国にまだ入ってきていない。結局、検事が事件に対する捜査を一時中止した後、Aさんに対する逮捕令状を発行した状況だと代理人は伝えた。

  代理人は「Aさんが国内に入ってこなければ捜査を進めることはできない状況だ。今まで帰国しておらず調査が先送りになった」と説明した。代理人によると、現在までのところAさんとAさん側の弁護人ともに韓国入りする予定がなく、入国が遅れている理由も特に明らかにしていないという。

  一方、チョ・ジェヒョンさんは今年2月から各種性暴力疑惑が取り沙汰されるようになった。問題が大きくなるとチョ・ジェヒョンさんは謝罪の立場を出して、すべての芸能活動を中断した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事