俳優チョン・ソグォン、麻薬の疑いで懲役10カ月執行猶予2年宣告

俳優チョン・ソグォン、麻薬の疑いで懲役10カ月執行猶予2年宣告

2018年10月12日08時20分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優チョン・ソグォン
  裁判所がメタンフェタミン(別名ヒロポン)とコカインを投薬した疑いがある韓国の俳優、チョン・ソグォンに有罪を宣告した。

  11日、ソウル中央地方法院刑事合意28部(部長判事チェ・ビョンチョル)は、麻薬類管理に関する法律違反などの容疑で起訴されたチョン・ソグォンに対し一部有罪を認め、懲役10カ月、執行猶予2年を宣告した。

  裁判所は「麻薬類の犯罪は個人だけでなく国民の保健を害し、他の犯罪を誘発する。社会全般に否定的影響を与えるので、それに相応する処罰が必要だ」と明らかにした。

  その一方で「海外旅行中、好奇心による一回だけの行為と見られる。深く反省しており、麻薬犯罪の前歴がないことを考慮した」として量刑の理由を説明した。

  チョン・ソグォンは今年の2月、オーストラリアメルボルンのあるクラブでメタンフェタミンとコカインを投薬した疑いがある。今月8日、仁川(インチョン)空港から入国している際、情報を入手し出動した警察に緊急逮捕された。
https://entertain.naver.com/read?oid=241&aid=0002839030 http://isplus.live.joins.com/news/article/article.asp?total_id=23040612&cloc=
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事